×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

40代転職ナビ

35歳転職限界説

35歳転職限界説という言葉があります。これは就職情報誌などの求人欄を確認すると、応募資格の年齢が35歳以下と制限されていることが一番多いことによるものです。

それでは、企業は35歳を超えた人の採用をしたくないかというと、決してそういうわけではありません。現に応募資格の年齢が次に多いのが45歳以下になっているのもその現われです。

まあ企業側にすれば、ある一定線を引かなければ募集の段階で数多くの募集がきますから、手間を省くためにもこの年齢制限は必要なんでしょうが、40代の人には頭の痛い問題です。

企業側が手間を省くために年齢制限を設けているとすれば場合によっては年齢制限はそんなに厳密ではありません。問い合わせしてみると、すんなり応募書類を送ってくださいという場合もけっこう見受けられます。

50歳を超えると急激に募集は減少

写真 このように35歳転職限界説が叫ばれるなか、40代の方でも求人はあるのですが、喜んでばかりはいられません。

なぜなら、45歳を超えると求人数はさらに少なくなっていき、50歳を超えると急激に求人数は減ってしまいます。

50歳を超えると、よほどの知識やスキルがないと、これまでの収入を維持できる転職はおろか、転職自体が難しくなってきます。

ですから、40代の転職はある意味“最後の転職”にすべき非常に重要な転職となってくるのです。

写真 このように35歳以上から、とりわけ45歳以降の方にとって、求人の減少が顕著になってくるわけですが、逆に“中高年”だから有利だという場合はないのでしょうか。

40代をはじめ中高年の方は、若い方に比べて実務経験が豊富です。また、対人関係にも長けている場合が多いです。このような経験や能力を企業は期待してる場合が多いです。

ただ、最近はIT化に伴い、このような経験豊かな中高年の長所があまり評価されない場合もあります。この辺りも年齢を重ねると再就職が難しくなっている一つの要因だといえるでしょう。

40代の転職はご自分の予想をはるかに厳しいかもしれないですが、ここで踏ん張って頑張りましょう。